お問い合わせ・ご連絡はこちら 028-689-8622

メールでのお問い合わせはこちら
  • トップ
  • 調査項目一覧
  • 調査料金
  • 当事務所について
  • よくある質問

離婚慰謝料の相場とは?受け取る慰謝料を高くするコツ! 

価値観の相違などお互いに過失のない理由の離婚ではなく、相手の不倫やDVによって精神的苦痛を受けた上で離婚をする場合には、その内容と状況に見合った慰謝料請求ができます。
慰謝料請求というと「手続きが大変そう」「離婚までに時間がかかりそう」「自分にも落ち度があるかもしれない」と考えてしまう方もいるようですが、泣き寝入りをするのは良くありません。
自分が離婚後の人生に向かって明るい一歩が踏み出せるように、相手の行った過失について慰謝料を求めるのは自然な行為です。
この記事では、離婚慰謝料請求の平均価格と、請求可能な慰謝料を少しでも高くするためのコツを紹介しましょう。
パートナーの過失を原因とした離婚の慰謝料について悩んでいるのなら、ぜひ参考にしてください。

 

離婚慰謝料の相場

離婚慰謝料の相場は50万円〜300万円であり、その金額に幅があります。
なぜなら離婚の原因・相手の収入によって金額が変わってくるためです。
また、離婚の慰謝料は話し合いでの決定が多いことから、相場とかけ離れた金額であってもお互いが了承するのであれば、その金額で慰謝料が決まります。
離婚慰謝料の相場を把握していなければ、非常に低い金額で合意をしてしまう恐れもあるでしょう。
ここからは、離婚慰謝料の相場を離婚の原因別に紹介していきます。

 

パートナーの浮気が原因の離婚慰謝料【慰謝料相場:100万円〜500万円】

パートナーの浮気による離婚では、パートナーが浮気相手と不貞行為つまり肉体関係をもっていることを証明しなくてはいけません。
具体的には浮気相手と複数回ラブホテルに出入りしている写真や動画が明確な証拠になるでしょう。
ただし、個人的に浮気の決定的な証拠を入手することは非常に困難であるため、探偵事務所などの利用がお勧めです。

 

パートナーのDVやモラハラが原因の離婚【慰謝料相場:50万円〜500万円】

パートナーから暴力を受けた・日常的に暴言を浴びていることが原因の離婚でも慰謝料請求が可能であり、それによって本人が怪我・うつ病・後遺症を引き起こしているのであれば、その症状の程度も慰謝料の金額に反映されます。
可能であれば証拠も残せると良いでしょう。

 

夫婦関係の義務違反が原因の離婚【慰謝料相場:50万円〜500万円】

夫婦関係の義務違反とは、悪意を持って同居の義務・協力義務・扶助の義務を行わないことを指しています。
体調に問題がないのに仕事をしない・ギャンブルなどに依存して生活に支障が出ている状態などが具体的な例です。

 

性行為の拒否が原因の離婚【慰謝料相場:0円〜100万円】

セックスレスの状態に精神的苦痛を感じ、離婚に至る場合にも慰謝料請求が可能です。
相手からの言葉に精神的なダメージを受けたなど、具体的なやりとりを記録しておくと良いでしょう。

 

少しでも高い慰謝料を請求するコツ

先ほどお伝えした慰謝料相場には幅があり、相手の収入によって請求可能な金額が変わります。
しかし、相手の収入・離婚の原因とは別に、慰謝料についての話し合いが難航し、結果的に慰謝料を下げられた状態で合意に至ってしまうという事例も多いのです。
ここでは、少しでも高い慰謝料を請求するためのコツを紹介しましょう。

 

自分がどれだけ精神的な苦痛を受けたのかを証明する

浮気やDVなどのパートナーの過失によって、自分がどれだけ多くの精神的苦痛を受けたのかを証明します。
精神的苦痛について自分の感情だけで説明をするのは非常に難しいものですが、診断書を受け取ることでその症状に向けての医師の診断が記録に残せます。
特にストレスによって体調に異変を感じているのなら、我慢をせずに病院に行くべきです。
具体的には、夫の浮気のせいで眠れない・食欲がない・何をしていても悲しい気分になる・勝手に涙が出るなどの症状は、普段であれば我慢してしまいがちですが、精神的苦痛を明らかにするために、可能な限り病院に行きましょう。

 

離婚原因の明確な証拠を用意しておく

離婚原因の証拠が明確なものでないと、言い逃れられてしまう恐れがあります。
浮気を原因とした離婚なのであれば、動画や画像を用いた具体的な証拠を、可能な限り多く用意しましょう。
パートナーの不貞行為が一度や二度ではなく、複数回長期的に続いていたと認められれば、それによって自分が受けた精神的苦痛も認められやすくなるのです。
先ほどもお伝えしたように、浮気の証拠を個人が手に入れることは難しいため、プロである探偵事務所への依頼をお勧めします。
また、過去にもパートナーが浮気をしていた経験があり、前回の浮気の証拠・二度と浮気をしないという約束などをしているのであれば、その事実も慰謝料の増額に影響します。
もちろん探偵事務所利用にはコストがかかりますが、多くの場合は慰謝料によって相殺可能な価格帯でプランが用意されているのです。

 

とちぎ探偵事務所は安心料金価格でご相談者様の離婚と慰謝料請求を徹底サポート

宇都宮にあるとちぎ探偵事務所では「全てはご依頼者の未来のために」というポリシーのもと、ご相談者様の離婚と慰謝料請求をサポートしています。
特に浮気調査では、お得なセットプランを用意しているだけでなく、悩みの数だけ解決方法があると考え、ご相談者様のご希望に沿った手法・価格・スケジュールを丁寧にプランニング可能です。
業界内でも屈指のアフターフォローを用意し、ご相談者様の未来を最優先した提案を行います。
不貞行為には3年間の有効期限があるため、現段階では離婚は考えられないという方でも、証拠は手に入れておくべきです。
今回の浮気で離婚を決定しないとしても、再度パートナーに浮気をされた時には、複数回の浮気の証拠として慰謝料を増額できるでしょう。

 

まとめ

離婚は人生の大きな決断であり、これから新しい生活を歩むためには慰謝料はもちろん相手に反省または謝罪させることが、今までの自分の精神的苦痛への対価であり、今後の自分の生き方をより良いものにするパワーになります。
自分がどれだけ多くの精神的苦痛を受けたかを証明し、浮気やDVなどの相手の過失行為を明らかにする証拠を手に入れれば、慰謝料を最大限まで引き上げられるでしょう。
決して泣き寝入りすることなく、これまで我慢し耐え続けた自分が手にするべき慰謝料を請求できるようにしてください。