お問い合わせ・ご連絡はこちら 028-689-8622

メールでのお問い合わせはこちら
  • トップ
  • 調査項目一覧
  • 調査料金
  • 当事務所について
  • よくある質問

探偵に依頼できる調査と依頼できない調査とは?探偵事務所の調査範囲まとめ!

個人が自分で調べられることには限界がありますが、探偵事務所を使えばプロのノウハウを駆使して調査活動を行なってもらえます。 しかし、探偵事務所に依頼可能な調査にはどのようなものがあるのかが分からない方が多いようです。 この記事では、自分が依頼したいと考えている調査は探偵事務所で対応してもらえるのか知りたいという方向けに、探偵事務所の調査範囲についてまとめました。 調査依頼を迷っているのであれば、ぜひ参考にしてください。


探偵事務所の調査範囲とは

探偵事務所のサービスは事務所によって違うのではないかと考える人もいると思いますが、日本の探偵事務所には探偵業法という法律があり、法律で定められた範囲内の業務しか行うことができません。 そのため、どの探偵事務所に依頼しても法律に触れる依頼は受けてもらえないのです。

探偵事務所に依頼可能な調査の例

探偵業法で許可され、探偵事務所で依頼可能な調査には次のようなものがあります。探偵事務所では法律で許可された上で調査中の聞き込み・尾行・張り込みを行っているのです。

浮気調査
パートナーや配偶者の浮気・不倫の有無を調べ、証拠を手に入れます。

行方調査
事件性のない状態では警察に頼れない場合が多いですが、探偵事務所では家出した人など行方不明になった人を調査可能です。

素行調査
依頼を受けた相手の日頃の行いや人間関係などの身辺を詳しく調査します。婚約相手の調査・企業内で職員の服務規定違反などを調べる際に有効です。

ストーカー・嫌がらせ調査
ストーカーの被害者がストーカー調査を依頼すれば、加害者の素性やストーカー行為の証拠がおさえられます。 得られた証拠は被害届提出時に利用可能で、迷惑行為のエスカレートを防ぐ効果が期待できます。

盗聴器・盗撮器探し
自宅などに盗聴器・盗撮器が仕掛けられていないかを調査します。盗聴器・盗撮器を仕掛けた相手が突き止められる場合もあるでしょう。

パソコンの解析調査
パソコン内の情報を読み取り、消去済みのデータも復活可能です。重要なデータが含まれたままパソコンが壊れてしまった時にも活用できるでしょう。

自動車ナンバー調査
自動車のナンバーなどの情報から、その自動車の所有者情報や名義を調査します。

企業の信用調査
取引開始後のトラブルを防ぐために、企業の経営状況などを調べます。


探偵事務所に依頼できない調査の例

探偵事務所では探偵業法で定められた範囲の業務のみを扱っているとお伝えしましたが、その業務範囲は多岐に渡ります。 しかし、調査対象者が不利益を被る可能性がある調査や違法行為を、探偵事務所に依頼することはできません。 探偵業法の第六条では下記のような取り決めがあります。 探偵業者及び探偵業者の業務に従事する者は、探偵業務を行うに当たっては、この法律により他の法令において禁止又は制限されている行為を行うことができることとなるものではないことに留意するとともに、人の生活の平穏を害する等個人の権利履歴を侵害することがないようにしなければならない。

※引用: e-GOV法令検索:探偵業の業務の適正化に関する法律


探偵事務所で対応できない具体的な依頼の内容の例は以下の通りです。 ・ストーカー行為などの犯罪に加担するような調査 ・特定の人物を陥れるような工作 ・特定の人物の差別を助長する調査 ・口座残高・借金の残高などの調査 中には違法行為にあたる依頼に対応する探偵事務所も存在しますが、そのような事務所では依頼者とトラブルが発生しやすいことが多いです。 また、法律に触れる依頼を受けた探偵だけでなく、依頼者が違法の責任を問われる可能性があることも知っておきましょう。



探偵事務所への依頼で手に入る情報や証拠の詳細

ここからは探偵事務所への依頼の中でも多くの割合を占める浮気調査を例に、探偵事務所への調査依頼によって得られる情報や証拠について説明しましょう。

探偵事務所が浮気調査時に行う調査の内容

探偵事務所に浮気調査を依頼した時に、行ってもらえる調査の内容には次のようなものがあります。


パートナーや浮気相手の尾行
探偵事務所ではパートナーはもちろん浮気相手を尾行も可能であるため、浮気相手についての情報も手に入ります。

浮気の現場の張り込み
浮気の現場に張り込み、滞在時間の確認や浮気の証拠を写真・動画・音声としておさえられます。

浮気についての情報を集めるための聞き込み
パートナーの行動や浮気相手の素性を知るために、聞き込みを行うこともあります。


プライバシーの侵害にあたる調査

浮気の証拠が入っていると想定されるスマホであっても、探偵が個人のスマホをロック解除して中身を調べることはできません。 プライバシー侵害はもちろん不正アクセス禁止法に触れる恐れがあるためです。


住居侵入罪や建造物侵入罪にあたる調査

探偵は別居中のパートナーの自宅や浮気相手の住まい・会社に侵入することはできません。 公共の場での尾行は可能ですが、侵入が法律に触れる場所での調査は行えないのです。

浮気調査を探偵事務所に依頼した場合に得られる情報

探偵事務所が行える浮気調査の範囲をお伝えしましたが、浮気調査の報告書では多くの情報や証拠を掴むことができます。 浮気調査報告書に記載される事柄の例は以下の通りです。

・調査の基本情報

・調査対象の行動

・浮気の証拠写真

・浮気相手の素性

浮気調査を探偵事務所に依頼することで得られる報告書には、裁判でも利用可能な写真・動画データなどが含まれています。 第三者が見ても浮気の事実が認められる証拠が手に入れられるのです。

とちぎ探偵事務所ではアドバイスやアフターフォローも万全!

宇都宮駅からすぐの立地にあるとちぎ探偵事務所では、依頼者の不安や心配を解決するために、探偵事務所が行える調査の中から依頼者に最適な方法を提案します。 丁寧なプランニングを用意しており、価格・手法・スケジュールなど細かな希望ができるのです。 依頼者の立場に立ったアドバイスやアフターフォローを行っているため、依頼可能か分からないような調査でも、ぜひ相談してみてください。



まとめ

探偵事務所に依頼できる調査の範囲について調査例を使って具体的にp説明しました。 探偵事務所では探偵業法やその他の法律に違反する行為は行えませんが、さまざまな手法を使って希望する調査結果が得られるようになっています。 調査可能か分からないという相談であっても、一度問い合わせしてみると良いでしょう。